2018年02月09日

働くスタッフの環境を整える

IMG_2146.JPGIMG_0777.JPG


一面の窓ガラスから

明るい陽射しが差し込む

吹き抜けのオフィス。

天井からは

不規則にぶら下がる

球体の照明が

この会社の快適さを照らし出す。


フロアには、

高さの違うデスクが

整然と並んでいる。

IMG_0713.JPGIMG_0718.JPG


デンマークでは、

従業員から腰痛防止などの理由で

要望があれば、

会社は立ち仕事ができるデスクを

用意しなければならないらしい。


IMG_2143.JPGIMG_2099.JPGIMG_2098.JPG


会議室もまるでカフェのよう。


普段は食堂という2Fの一室には、

観葉植物がセンス良く配置され、

日本からの訪問者をフルーツやビスケット、

飲み物で歓迎してくれた。


アウトドアをイメージした

お洒落な手作り家具で

リラックスできそうな空間が広がっている。

スタッフが空を見ながら考え事をしたり、

談笑したりしている姿が目に浮かぶ。


IMG_2164.JPGIMG_2163.JPG


ジムもあった。

健康を気遣いジムに通う従業員が

少なくないことを知った会社が、

「業務後に、あらためてジムに行くのは大変だろう。

それなら会社で運動して帰ればいい」

と設置した。



集中力ややる気を

自らコントロールする

「エネルギー管理」の観点から、

業務時間中の利用も

許されているという。



これらは、

日本でいう「福利厚生」

にあたる部分だろう。


あまりに快適なオフィスで

生き生きと働く社員を目の当たりにして、

ふと思ったことは、


日本で「非金銭報酬」「企業努力」

などと言い換えられる

消極的なそれでは

全くないということ。


社員たちが

高パフォーマンスで

会社の利益や価値を上げ、

優秀な人材をさらに呼び込み、

定着させる「戦略」「投資」

のような位置づけなのだと。


IMG_2159.JPGIMG_2161.JPGIMG_2173.JPG


階段・コピー室・喫茶室など

いたるところに

ストレッチや姿勢を正すように促す

図解式メッセージボードが掲げられていた。


IMG_2155.JPG


壁に掛けられた

大きなホワイトボードには、

スタッフの顔写真入りのマグネットで、

いつ・誰が・どこで作業をしているのかが

一目でわかる。


デスクも棚もどこも整理整頓されていて、

書類が山積みになっていることはなかった。


IMG_2167.JPG


自分たちが創り上げた景観を写真に収め、

アート作品のように飾っているところも素敵だった。



働くスタッフの環境を整えることが、

心も整えていくのかもしれない。


コスト削減の嵐が吹き荒れる日本で、

戦略や投資になり得るものが

簡単に切り捨てられていないか。


あらためて考えさせられた。

posted by YOKO at 10:10| Comment(0) | 先進企業の取組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: