2018年01月15日

先生だって労働者

デンマークの法定労働時間は週37時間!

比較的、長時間労働とされる教師の労働時間も週40時間だそう。


一方、日本では小学校で週5560時間、

中学校では週6065時間が一番多く、

「過労死ライン」と言われる

80時間以上の残業をしている教師は、

小学校で3割、

中学校で6割もいる

(文科省「2016年度 教員勤務実態調査(速報版)」より)



教師の仕事は授業だけではない。


日本なら授業の準備や保護者への対応、

生徒のフォロー、

職員会議、

研究活動、

さらに地域活動や

部活動もある。



もちろん、

デンマークの先生も

授業以外の仕事がたくさんあるという。


しかし、

日本に比べて、

短い時間で働き、

しっかり休みも取れている。


その秘訣は、


一人で抱え込まず、

みんなで助け合うこと。




今回訪れた学校には、

アドバイザー制度が普及している。


教師とは別に、

読書や数学、IT

専門知識を身に付けたスタッフが数名おり、

生徒や保護者とも

日常的にコミュニケーションをとっている。


教師が指導法に迷ったり、

気になる生徒がいたりした時は、

専門スタッフに相談して

一緒に解決策を探るのだ。




  さらに、


  教師が病気などで急に休む場合に

  代わりに授業をする

  「Vikar(ヴィカー)」という代替職員も存在する。


  これは学校に限らず、

  幼稚園や自治体、企業にも普及していて、

  育休中の人の代わりを務める「育休ヴィカー」や

  研修や職場復帰、パートタイムの役割を担うヴィカーもいるそうだ。




 「先生も労働者」という認識は、

  教師はもちろん、

  生徒や保護者、

  管理者である校長にとっても当たり前だ。


  長期休暇取得は当然で、

  そのためにあらかじめカリキュラムや

  人員体制に余裕を持たせているのだ。


  ほかにも、

  校長と教師、

  生徒、親のコミュニケーションも充実。


  イントラネットで

  普段から情報共有しているため、

  書類の回覧や保管の必要はない。

  会議も最小限。

  教師が部活動の顧問を務めることもない。


法で定められた労働時間を守る意識が

 国民に浸透しているから、

 教師もその範囲内で出来る事に集中し、

 ベストを尽くそうとする。




   “自分の出来る事と

     他人が得意なことを掛け合わせて

     最大の成果を生み出す“


   生徒に教えていることが、
   先生の現場でも活きていた!

DSC00207 (2).JPGDSC00231.JPG
posted by YOKO at 10:11| Comment(0) | 義務教育機関
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: