2018年01月11日

グループで最大の成果を出す方法とは…

デンマークの授業の進め方は、

生徒たちがお互いに考えあい、

協力しながら学習する

というグループワークのスタイルが多い。


DSC00242_censored.jpgIMG_9822_censored.jpg



代表的な授業は、

約2〜3週間かけて

一つの映像作品を創り上げるというプロジェクト。


脚本を書く子、

役者をする子、

監督をする子、

カメラで撮影する子、

デジタル編集する子・・・と、

求められる才能や役割はさまざま。


みんながそれぞれ得意分野を生かして参加でき、

大きな達成感を得られるという。



  ポイントは、

  自分だけができても評価されない点。


  チーㇺのためにいかに得意分野を発揮し、

  その結果、

  チームのパフォーマンスが

  どれほど上がったかが評価の焦点となる。



  だから、

  自分が得意なこと、

  友達が得意なことをよく理解して、

  どう掛け合わせたら最大の成果が出せるか。


  逆に、

  最大の成果を出すためにはどの子と組めばいいのか、

  この課題を解決するためにはどの子に頼めばいいのだろうか・・・。


  そんなことを自分たちで考えながらプロジェクトを進めていくそうだ。


IMG_9825.jpgIMG_9813_censored.jpg



  先生も、生徒一人ひとりの才能を見出し、

  その特技に本人が気づく機会を与えることを大事にしている。


  勉強は苦手だが、パソコンスキルが高い子には、

  低学年の授業のパソコンアシスタントに抜擢したり、


  自閉症の子には、

  学校へ来るお客様にお菓子を配ってお出迎えする役を頼んだり。


  他人から感謝される体験が

  子どもたちの自信につながることを知っているから。




  グループワークは日本の学校でも取り入れられているものの、

  評価の仕方が課題となっている。


  ダイバーシティーやインクルージョンの土台が育たなければ、

  大人になってビジネスの現場で役立てることは難しいだろう。



  近年、いろいろな企業でイノベーションを起こすために、

  多様な文化や背景、個人的な特質を持った人を

  組織に迎えているが、

  結局、多様な人材を揃えても

  現場でその能力を生かしきれない

  という問題が生じている。



  デンマークのグループワーク授業に、
   解決のヒントが詰まっているような気がした。
posted by YOKO at 11:11| Comment(0) | 義務教育機関
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: