2017年12月26日

何に幸せの価値を置くか?

デンマークには、

他の国の言葉に置き換えられない

独特の概念を表す言葉

Hygge(ヒュゲ)」がある。


人と人とのふれあいから生まれる

温かくて居心地の良い空間や時間

という意味らしい。



IMG_1727_censored.jpg
IMG_9671.JPG
IMG_1689.JPG

森の幼稚園にある

丸太と鉄板でできた馬の遊具や、

板切れを組んだ海賊船、

低い天井と緑化した平屋根が印象的なお昼寝小屋。


これらはみんな、

園児の保護者が

先生たちと一緒に手作りしたそう。


DSC03706.JPGIMG_1667.JPGIMG_1668.JPG

「教育熱心で、時間もあって、

子どもに手をかけられる親の集まりなのかな?」


と思いきや、

大半の家庭が共働きだという。


実際、この幼稚園では

授業参観や運動会などの行事は皆無。


朝食も昼食も幼稚園で提供されるし、

日本では欠かせない連絡帳もない。

先生と保護者のやり取りはSNSだ。





デンマーク人の価値観がはっきり見えて

面白いなあと思う。



日頃の保育の成果を見せるために

わざわざ時間を割くのは

もったいないと感じているのだろう。




でも、


子どもが一日の大半を過ごす

幼稚園の遊具を

みんなでワイワイ言いながらつくる時間は

積極的に確保する。


IMG_1703 (1).JPG

遊具をつくるひとときは、

きっとヒュゲなのだろう。


子どもたちは、

そんな親の姿を見て

幸福感に包まれるに違いない。

そして、欲しいものは

つくればいいとも学ぶ。


IMG_9690.JPG


デンマーク人は、

自分にとっての幸せが何か

をよく知っていて、

そのためのアイテムは少しで十分だ

ということも分かっているように思う。


だから、

必要ないアイテムは

あっさり手放せるのだ。


DSC03682.JPG


自動車に150%の税金がかかるなど、

お金を稼いでも

ほとんど手元に残らない社会システム

故に生まれた「Hygge」ともいえるが、


身近なところに幸せを見出し、

等身大で生きる姿には

学ぶところが多かった。

posted by YOKO at 11:51| Comment(0) | 幼稚園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: