2018年02月23日

成果はチームでつかみ取る

IMG_0712.JPG


バブル崩壊後の日本で、

多くの企業が取り入れた成果主義。


年齢や階級に関係なく

昇進・昇給させる仕組みで、

従業員同士の切磋琢磨を促し、

会社の成長につなげる―。


ただ、

個人にフォーカスした

目標管理のみ行って、

社員間の足の引っ張り合いを生み、

モチベーション低下を引き起こした

失敗例も数多い。


今回訪問したMALMOS社の

モーテン・ハンセン社長の話を聞いて、


成果を個人のものとせず、

いかにチームのものにできるか。


そのチームをどれだけ大きくしていけるかが、

「成長し続けられる企業」の試金石だと思った。


ハンセン社長は、

会社をサッカーコートに例えた。


「わが社の4つのコーナーフラッグは、


@お互いにきちんと話をする(陰口を言わない)


Aコンタクトがあった時は、

必ず24時間以内にレスポンスする

(答えを言う必要はない。

受け取ったことを相手に伝える)


Bお互いを信頼する。

決定したことは、

持てる条件の中で

ベストだったと信じる


C私たちにあるのは限界でなく、

可能性だけ。

問題は解決するもので、

生み出すものではない



掲げた4つのスローガンを守って、

自由に試合をしよう!

というスタンスだ。


逆に、

この4つのフラッグから

はみ出した場合は

深刻な問題なので話し合う。



つまり、

社内でプレッシャーを掛け合うよりは、

みんなで助け合って

目指すところに辿り着こう。


もちろんハードに仕事をしなければ

得たい宝物は得られないので、

ハードに働きつつも

困った時には助けあい、

孤独な戦いにしないということだ。



チームワークづくりは、

会社が主催する

夏祭りやクリスマスパーティー、

健康増進のためのイベントなど、

仕事と直接関係ない

豊富なアクティビティーが

一役買っている。


仕事を離れ、

部署を越え、

時には家族も巻き込んだ交流で、

一歩踏み込んだ人間関係の輪を築いている。


経営陣の距離も近い。

毎年、連れ立って

4泊5日の海外研修に行くほか、

年4回はリュックサックを背負って

デンマーク各地の山を登る。


景色のよいところで腰を下ろし、

普段仕事で感じていることなどを

率直に話し合うそうだ。


オフィスとは違う

解放感の中でこそ

出てくる本音もある。


これらが循環して、

仕事が楽しいと思える

企業風土が作られているという。



働くことは苦行でなく、

喜びでなければいけない。


原点に返らせてくれたハンセン社長だった。


posted by YOKO at 10:40| Comment(0) | 先進企業の取組み